--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
10.28

秋になると・・・

Category: 季節
秋は、喘息になる、風邪をひきやすい、
あるいはぎっくり腰や寝違えなどの急性の痛みが出やすい時期です。

身体は緩んだ状態から閉じて引き締まった状態に変化をします。
これは、寒さで熱を逃がさないために必要な変化です。

しかし、日々の生活で疲れ、変化に必要なエネルギーが不足している人はその変化に耐えられないことがあります。
自分の身体の状態に目を向け、違和感を見逃さずに予防できることは予防していきましょう。
 
コスモス

**秋にかかりやすい病気・出やすい症状**

 ①喘息
朝晩の気温差、台風などによる気圧の変化から来るストレス、ダニやほこりなどのアレルギーなどが原因。
マスクで保湿をし、部屋の掃除をこまめにすることも予防になります。

 ②食中毒
秋の行楽シーズンが一番食中毒が多い季節。野外での食事の際には、ちょっと涼しくなったからと油断せず、十分加熱したものを、
手をしっかり洗って(消毒して)から頂きましょう。

 ③ノロウイルス
食中毒と同様に、秋から冬に掛けて猛威を振るいます。食品の十分な加熱、食器や調理器具の消毒、一番大事なのはト
イレの後石鹸でしっかり手を洗うこと。
もう十分というくらい流水で洗い流しましょう。

 ④秋花粉
最近は秋の花粉症が増えてきました。夏に体力を使い果たしバテ気味の人は、症状が重くなりがち。
マスクやうがい手洗いも大事ですが、弱った胃腸を正常に戻すことも症状を落ち着かせます。

 ⑤秋バテ
夏にエネルギーを使い切って、気温差や気圧差に身体が対応できずやる気が出ない状態。
疲れが取れず、口やのどが渇きやすいのも秋バテの症状です。
身体に優しい食事と十分な睡眠、軽い運動という健康的な生活が改善への近道。

 ⑥季節性うつ病
気温差、気圧差などのストレスにより自律神経が乱れやすく、秋から冬に掛けて日照時間が減少し気分が落ち込みやすいことが原因といわれています。秋バテがひどくなった状態でもあります。
朝起きられず、一日中眠気が差し、過食気味になり体重が増加傾向に。
湯船に浸かり身体をリラックスさせ、夜十分に睡眠が取れるようにしましょう。

体の不調、違和感には、

一に栄養と睡眠
二に整体・・・がぽっぽさんのおすすめ♪

               (ぽっぽ通信vol.20より抜粋)
          

************************
骨まで元気!細胞から活性化していつまでも若々しく
  整体・コンディショニングの
        からだ工房ぽっぽさん
藤枝市瀬戸新屋287-2
080-5112-8283

popposan8283@ezweb.ne.jp
open 9:00~20:00
close HPぽっぽさんの予定表にてご確認ください
http://popposan.com/
***********************

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。