--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.12

あいさつとマナー 今昔

Category: ひとりごと
 小さい頃は元気な声で「おはようございます!」と言うだけで良かったですね。

中学生になるとそれに加えて「お辞儀」をしないと、「ちゃんとしろ!」と怒られるようになります。

運動部に所属すれば特に厳しくチェックされます。
慣れていないから、最初はみんなシドロモドロ。始めにちゃんと教えればいいのにねぇ。

社会人になると難易がまた上がります。
「ビジネスマナー」です。

お辞儀の角度、手を置く位置、声のトーンと速さ・・・

あいさつを言い終わってからお辞儀をする?言いながら?電話の時は?来客応対は?・・・

細かい!!

ですが、これらの「型」があることで、相手に不快な思いをさせず円滑に物事が廻る仕組みになっているのですから、覚えてしまえば楽といえば楽であります。

茶道などは、型を突き詰め過ぎたお陰で、動きに無駄が一切ないそうですね。

無駄を排除した洗練された動き。

ビジネスマナーであっても、自然体で無駄なく動けば「格好良い」。
その代表としてホテルマンやキャビンアテンダント、高級百貨店の店員などが思い浮かびます。

ちょっと前に、マナー講師がテレビで持て囃されたころ。
猫も杓子も・・・の言葉通り、どの企業でもマナーマナーとうるさくなりマナー研修が流行った?時期がありました。

その頃でしょうか、スーパーのレジの店員さんまでレジ打ちの前、打った後といちいち手を止めてお辞儀してたのを見て、
いやいやいや、丁寧なのもいいけどあなたはちょっとでも早く手を動かした方がいいんじゃないのと違和感を感じたものです。

効率が悪いからか一々面倒だからかしばらくしたら会釈に戻ってましたけど。十分です。

お客様のお見送りも流行りましたね。今も続けていると思います。
居酒屋とか美容室とかね。ホテルじゃないんだから、そこだけいきなり丁寧ってとやはり違和感を感じたものです。

昨日たまたま美容室の前を通った時にお見送りをされているお客様としてる店員さんを見たんですが、
お辞儀の姿勢が・・・ねえ。猫背で髪の毛ばさーって美容室の前でアリなんでしょうか?

やるんなら綺麗にやったほうがお店の宣伝になるでしょうに。

あと、マナー講師が流行ったころからじわじわと数を増やしているお辞儀の仕方に、

肘をぐっと曲げてお腹で両手を重ねてから腰を曲げるやり方があります。

えっと、ちょっと前のドラマの番宣でちらっと目にしていよいよ違和感を感じたもので。
th.jpg

これこれ。

色んな所でアルバイトしましたし、いくつかの会社に勤務したことがあり、マナーブックも何種類かもらいましたが、どこにもこのようなイラストはありませんでした。

マナー講師の講座も受けたことありますが、手の位置は体の横!女性でも体の横!お辞儀する時だけ自然に太ももへ持ってくるように!

というのしか習ったことありません。

きっと、マナーの勉強が流行ったころに「自分発信!自分が考えたのを流行らせたい!」というマナー講師がいたんじゃないかと思いますがどうでしょうか。

それがうっかり時流に乗って生き残ってしまったんじゃないかと・・・。


これを見た時の第一印象が、「肩が凝りそう」でした。

肩ひじ張って、緊張感がにじみ出ているように私には見えるのです。

この「肩ひじ張る」という言葉は慣用句として使われますね。

その意味は「気負う、いばる」です。

お客様をお迎えする方がいばるって・・・おかしくない?
だれもそう思わないのでしょうか?それが不思議でたまりません。

そうでなくても「肩が凝りそう」な仕草は整体師としてもお勧めしたくないですね。

そう?変かな?と思う人は、正座した状態でこの手の位置でお辞儀してもらいたい。

ね、おかしいでしょ?

マナーというのはその国の文化や歴史も内包しているものです。

時代と共に変化はしていますが、そういった時系列を無視した特に意味のない仕草に関しては、
その内淘汰されると思いたいものです。

c0243877_13283794.jpg
小笠原流礼法入門


************************
骨まで元気!細胞から活性化していつまでも若々しく
  整体・コンディショニングの
        からだ工房ぽっぽさん
藤枝市瀬戸新屋287-2
080-5112-8283
popposan8283@ezweb.ne.jp
open 9:00~20:00
close HPぽっぽさんの予定表にてご確認ください
http://popposan.com/
************************
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。