--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.27

塩不足の漬け物はすぐ腐る。

Category: 健康
とある統計より。

1987年は40歳~79歳で高血圧症・患者数は170万人( 男性人口の4%、女性は2%)、

それが 2004年では2220万人(男性人口の40%、女性 は31%) と10倍以上激増!

2008年では2700万人(男性人口の47%、女性は39%)とその増加は天井知らず。

何と1987年から見て2008年は16倍近く高血圧症患者・指導が増えていることになる。ぽかーん、である。


診断基準に目を向けると、そのガイドラインは時代の流れ?で変化している。

1987年は老人保健法に基づく基本健康診査(厚生省)のガイドラインとして
診断基準は 180/100 (この間が正常範囲)

2004年は日本高血圧学会のガイドラインとして
64歳以下  診断基準  130/85
65歳以上        140/90  と、随分厳しくなってきた。

2008年には特定検診(保健指導)のガイドラインはさらに改定され、
年齢無関係  診断基準  130/85

 と、ちょっとストレスを感じたら、みんな高血圧にされそうな数字になった。

だいたい年齢が高くなるごとに血圧も上がるのが普通なのに「年齢無関係」とはおかしな話だ。

2008年のデータと2004年を比較すると約500万人弱も患者数が増加している。

医療費が嵩む嵩む。

基準がどんどん厳しくなったことも高血圧症患者の増加に拍車をかけているように見受けられるが。

肝心の、「なぜ厳しくないといけないのか」はよく解らない。

それに、戦後高血圧対策に乗り出してから早○十年…研究もたぶん進み、指導・啓発もされている。一家に一台、血圧測定機というのも言い過ぎではないはず。

基準が厳しくなったにせよ、なぜこんなに患者数が増えるに任せる状態なのか。

こうなってくると、「基準値は妥当なのか」「高血圧対策って本当に対策として効果が上がってるの?」という疑問が浮かぶ。

この疑問はいろんな意味で恐いわぁ。

ということで、高血圧対策として一番に思い浮かぶ「減塩」について考えてみたぽっぽさんです こんにちは。

ま、前置きはここまでで、…え?もう飽きた?そんなこと言わずもう少し寄ってって!


調べて割とすぐ、減塩を批判する論調にであってしまいました。

血液学の権威、石原結實先生と免疫学の権威、安保 徹先生の対論形式の「ガンが逃げ出す生き方」より「減塩運動で増加した高血圧患者」という、そのものズバリなタイトルです。

このなかで、アメリカの学者さんによる調査から、塩分摂取量が少ないグループは脳卒中や心筋梗塞になりやすく、翻って塩分摂取量が多いグループは病気知らずで一番長命だった、とあります。

塩分摂取量は2~13gの範囲に収まっていたそうなので、極端に多くとっているわけでもないのに、差がはっきり出てきたわけですね。

そういえば最近日本人に多いですよね~、脳卒中や心筋梗塞…。


1950年にアメリカ人のダールという医学者が調査した、日本人の食塩摂取量と高血圧発症率の関係を示すデータが塩悪者説の端緒でした。

一日平均14グラムの食塩を摂っている鹿児島の人々の高血圧発症率は20%で、北に行くほど高くなることがわかりました。

一番高かった青森の人々は一日28グラムの食塩を摂取しており、高血圧発症率は約40%で、 どちらも鹿児島のちょうど二倍だったため、ごく単純に「塩分は脳卒中の原因になる」とされ、日本は国をあげての減塩運動に走り始めたというわけです。

その後の検証も追加調査もされた形跡がないというお粗末さ。

しかし、なぜアメリカ人の調査ばかりなのか…。日本にも優秀な人はいるだろうに。しっかり!


これだけ減塩が浸透した中で、まるでその反動のように起こった「塩ブーム」。

日本人の潜在意識が、「もっと塩!いい塩くれ!」と叫んでいるよう。


夏場は熱中症対策に塩分の摂取が叫ばれ、その地位を回復しつつあります。

実際、高血圧と関連するのは塩化ナトリウムのうち「塩素」であり、「ナトリウム」ではないという説も浮上しているようです。

ならば塩素消毒している水道水で料理作って風呂に入り、塩素消毒された弁当食べてたら、塩減らした所で意味あるのかと言いたくなるのは私だけでしょうか。

(昔バイトしたことある宅配給食では、千切りキャベツから大腸菌が発生しないように、塩素水に15分浸けたのをザバッと水切って使ってましたから…)

減塩と死亡率の減少にも何ら関係がないというデータがあります。

塩専売時代の事業者による報告とはいえ、いい加減な内容では見向きもされないからかかなり詳しく納得できる内容が書いてあるように思います。

だいたいナトリウムカリウムポンプが正常に働かないと、心筋や全身の筋肉の動きは悪くなるし、神経伝達もおろそかになって脳がボケッとしてくるのに、わざと摂取量減らすとかどうなんですかね?←ここ重要(゜ロ゜)

あ、でも精製塩はダメですよ、絶対。

高血圧になりやすい人は遺伝性が大半で、塩の影響を受ける人と全く受けない体質の人がいるんですよね。

…と、塩はそんなに悪者じゃないよ~ということを浅く(深いのは無理)掘り下げてみたんですが…

さて。

あなたはまだまだ減塩する?


********************
整体で細胞を活性化させ、いつまでも若々しく!
藤枝市駅前1-5-2 オクトヒルズ1F
理楽整体ぽっぽさん 080-5112-8283
HP:http://popposan.com/
Mail:popposan8283@ezweb.ne.jp
open日~木:10:00~20:00
   金・土:9:00~18:00
close 火・第三日曜日
********************

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。