--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.29

隣の国へ行ってきました。

「9月に中国へ行くんだけど、一緒に行かない?」

そんな話をしていた5月頃。
目的は日中友好の音楽イベント。ボランティアで知り合った1人が実行委員のような立場で、NOSS踊りたいから来なさい?というお誘いに乗ったものだった。

出し物は何にするのか、どんな人が一緒に行くのか、相手側は…。

心配することといえば、食事が脂っこいだの、水は持っていったほうがいいだの、スリが多いようだから荷物は必ず自分の前に持ってくるんだとか、おおよそ海外旅行をする人が心配するようなことばかり。

中国語?ちょっとは勉強…あ、現地の日本人も合流するんですね、じゃ大丈夫か。

踊り?そうですね練習しとかないと。え?着物着るんですか?!用意しても着付けが…あ、できる方がいるんですね、じゃいいか。

日が近づくにつれ、緊張感も弥増したものです。
トチらないかとか、着物でこけないかとかの心配です。

テレビから流れてくる情報は、あまり気にしないようにしながら…。

それでも8月に入ってから同行者が2名辞退したと聞いたときには、
「ちゃんと開催するんですか?中止とか…」
と問いかけました。

するとびっくりしたような顔をして、「大丈夫よ、やるに決まってるじゃない!主催はあちら側だし、情報も一方的なものが多いんだから。心配するほどの事じゃないわよ~」と笑い飛ばされたのです。

そんなもんか…。まあ、中止の時はすぐに連絡来るだろうしと行く準備万端揃えて、富士山静岡空港から隣の国へ飛び立ったのでありました。

IMG_0321-1.jpg

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。