--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.27

緑茶より紅茶、ビールより日本酒

Category: 体の症状
冷えて冷えてしょうがない真冬。

身体を動かすのが億劫な人は、食事から身体を温めたいもの。
忘年会などでは「とりあえずビール」が定番ですが、ちょっと待った!!

お酒は、基本最初アルコールで血行が良くなって暖かくなりますが、その時だけ。それも、蒸留酒は純粋にアルコールのみを蒸発させて集めて熟成させているので陰性(身体を冷やす)が強く、醸造酒の日本酒はその成分にたんぱく質(アミノ酸)やビタミンなどの栄養を残しているので(どぶろくなんかもっとある)そのたんぱく質が熱を生む元にもなるため、醸造酒よりは身体が温かい・・・らしい。

まあ、一緒に身体を温める食材でつくった鍋とか食べれば、(根菜類と赤や黒などの色が付いている、水分が少なめで固い野菜)バランスが取れると思いますが。

生野菜よりは温野菜。

発酵させない緑茶より、発酵させた紅茶。

そうかといって、陽性の食品だけとるとバランスが良くないので、いつもより少し陽性寄りに心がければいいんじゃないでしょうか。

そうか、じゃあやっぱりビールから・・・いやいや。私はビールより熱燗で一杯!(いつもじゃないか)

スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。