--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.20

禅と説法

Category: 理楽整体
本日、午前中は台風のおかげで荒れた天候でしたが、禅寺セミナーはつつがなく予定通り行われました。
もちろん、私も時間通りに集合場所→少林寺へ。

座布団の上に座禅用の円形座布団が敷いてある、不思議な席に座してこの日の法要は健康説法から始まりました。

今、皆が知っている健康情報や健康食品、健康体操というのは信じて大丈夫なのか?

みんな、だまされてない?

じゃあ、自分のカラダのことはどのくらい知っている?

腰はどこ?腰と言われる部分の骨はどれ?その骨はいくつある?

膝の軟骨や椎間板にはいっている成分の名前は?

膝が痛くなるのは、膝が悪いわけじゃない!

などなど・・・。

スクールで、DOJOで、ROOTSで、ブログで見聞きしてきた内容。それを、法要を目的に来た、鈴木先生のことを知らない、健康講座があることも知らないでいる人たちに話し、興味を引き、話へと引き込む。

先生が動けば、模型を手に取ればそれを見逃すまいと一生懸命に頭を右へ左へ動かし、前の人と人の隙間を探す人たち。姿勢も良ければ、耳を傾ける姿勢も真剣で、集中していることが背中を見ているだけでもわかった。

本物の情報、本当の話には人をひきつける力がある。

「言葉が、すっと体に入ってきた」
そうおっしゃっていた方がいた。
「本物は違うね」
目を輝かせている方がいた。

そんな本物の刺激を受け、思いがけなくも法要に列席させていただくことでご先祖様への功徳も積ませていただき、なんとも身の引き締まる一日でした。

ありがたや、ありがたや。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。