--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.30

自粛ブーム~みんなのストレス2~

Category: 体の症状
世は、自粛ブーム。

お祭り、イベントの相次ぐ中止と右に倣えが続いております。

普段より行動範囲が狭まった方も多いと思われます。

ウォーキングやジョギング、散歩を日課にして来た方の中には、花粉症で控えている人だけでなく、原発の事故で何となく自宅待避な気分になり控えている人もいる事と思います。

震災の映像に感受性の高い方は心に傷を負い、また頭から離れないために不眠・体調不良に陥る方もいます。

今の状態を表すとしたら・・・『気が滅入る』でしょうか。


どうも皆、頭を使いすぎているように思えます。

考えて、思って、無力感に苛まれて、動けなくなっていませんか?

あまり自粛が過ぎると、それがストレスになって自律神経にも影響し体調の不良に繋がりかねません。

●心を落ち着かせる。
●頭を空っぽにする時間をつくる。
●運動で汗をかき体調を整える。

有象無象の情報に溺れず、冷静さ・客観性を保つためにも体調を整えることは大切です。


◆まずは深呼吸

意識して鼻から息を長く吐き、長く吸う。息をする事だけに集中しましょう。腹式呼吸で何秒などは気にしなくていいです。5分以上、なるべく長い時間行ってください。集中が途切れたら終わりでいいと思います。

姿勢は、正座・胡坐・座位・立位・・・自分がリラックスできる姿勢で。
肩の力を抜く。座禅では眼は開いたままですが、眼を閉じた方が集中できるようなら眼を閉じましょう。

呼吸だけに集中することで、頭を休ませることが出来ます。また、腹式呼吸をすることで横隔膜が動くため、内臓へ刺激を与えることができ、副交感神経にも働きかけることができます。不眠や内臓機能低下による便秘や下痢食欲不振の改善にも繋がってきます。

◆足を動かす

寝転がって、足を浮かせ、自転車こぎの動きを100回以上してみましょう。
え、そんなに?と思うかもしれませんが、ゆっくりやれば案外すぐに終わってしまいます。
足首もぐるぐるまわしましょう。左右、30回くらい行ってください。

下半身を動かさないと弱くなるのはもちろん、エコノミークラス症候群・血圧が高くなる・腰やひざが固まり歩くのが辛くなる・・・など、不健康な体に一直線です。
ウオーキングマシンなど健康器具をお持ちの方は、ホコリを払って久々に使ってみましょう。家の中でも、やろうと思えば運動を続けることができます。

それらに厭きてきた頃、また外を歩く気力が出てくるでしょう。

今は力を溜める時と考え、しっかりと体力を維持し、必要な時にいつでも動けるようになっておくことが大事だと思います。

複雑なことをする必要はありません。簡単なことを、続ける努力をしていきましょう。


******************
理楽整体ぽっぽさん 080-5112-8283
HP:http://popposan.com/
Mail:popposan8283@ezweb.ne.jp
 open日~木:10:00~20:00
   金・土:9:00~18:00
******************


スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。