FC2ブログ

もっと速く、もっと遠くへ

2010.06.18 21:23|健康
東京マラソンが始まってからジョギングする人が飛躍的に増えて、皇居周辺は賑やかですね。

美ジョガーなんて言葉も生まれて、マラソンブームはまだまだ続きそうです。

私の家の近くにあるマラソンコースでも、日曜日になると多くの人がマラソンしている光景を目にすることが出来ます。

そんなマラソンですが、アメリカではこれまでに三回、長距離走の人気が急上昇していて、どれも国家的な危機のさなかだそうです。

最初は大恐慌時代、

次にベトナム戦争のあった70年代前半、

そして911テロの一年後。

今の日本も危機的な状況のなかにいるといってもおかしくありません。
その本能的なストレスが、私達を走りへと駆り立てているのかもしれませんね。

整体100513 041

いい本だったので、ご紹介。

「BORN TO RUN 走るために生まれた」 著 クリストファー・マクドゥーガル

雑誌の本紹介を見て、衝動的に買ってしまった。

そして、久しぶりにのめり込んで読むことの出来た本でした。
その躍動感、詳細なデータ、多方面からの考察。

何より衝撃的だったのが、「最高級シューズを履くランナーは安価なシューズのランナーよりも怪我をする確率が123%(!)も大きい」という文章。
足の裏の厚みが少ないほど、足の機能が十分働くので故障しにくくなるのだ。
そういえば、イチローの履いているスパイクはものすごく軽く薄くしてあって、裸足で走っている感覚に近いというのを聞いたことがある。そういうことか。

足の裏に掛かる負荷を吸収・分散する機能性シューズが発達すればするほど足の怪我が増えるという事実に行き当たった時、著者は何を思ったのか・・・。

今、アメリカでは”裸足ランニング”がブームになっているそうです。
この本の影響も、少なからずあるのでしょう。

日本でも、裸足ランニングのレッスンイベントをやっているところがありました。参加してみたい~
足腰が強くなる!「裸足ランニング」ブームが日本にやって来る!?

そして、クライマックスで対決する”ララムリ”タラウマラ族とアメリカ最強のウルトラランナー達。
読んでいて、自分も皆と一緒に走っているような爽快感と疲労を感じました。

feet_4X4.jpg
人間は、走るために進化したのだから。

BORN TO RUN 公式ファンサイト

カバーヨ・ブランコのHP

私は、この夏は草履で過ごそう。(※去年まで履いていた下駄が老朽化したため。)

続きを読む >>

| 2010.06 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ぽっぽさん

Author:ぽっぽさん
生息地:静岡県焼津市周辺
趣 味:合気道 NOSS 読書
場 所:からだ工房ぽっぽさん
    http://popposan.com/
    藤枝市瀬戸新屋287-2
Tel:080-5112-8283(要予約)
お問い合わせ:
popposan8283@ezweb.ne.jp

学習帖

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ