FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の身体感覚と機能解剖学

2013.08.28 20:12|合気道
機能(経験)解剖学のお勉強をしに京都まで行ってきたんですが。

その前に機能改善体操を習得しに行った時もちょっと思ったことを、強く感じました。

「機能解剖学におけるボーンリズム(骨のリズム)どおりに体を動かそうとすると、合気道で習った体の動きと一致する」

なんという符号でしょう。

アレクサンダーテクニークとかフェルデンクライスメソッドとか直接勉強したわけではないのでそちらはよくわかりませんが、

それらの考え方を応用して、「覚える」のではなく「腑に落とす」ことで体の動きの質を変える。

そんな趣旨で行われた講習会は、目からウロコの「面白い」「そうすればいいのか」と、「この動き知ってる」「あれ、この動きはもしかしなくても」の連続で、

とても面白かったです!!


みなさんは、「合気道」と聞くと、何を思い浮かべますか?

格闘技・武道・痛そう・大変そう・伝統・警察官・お侍さん・・・

男の人がやっている感じが強いかな?

実際、私が行っている合気道の道場でも、女性はごく少数です。
(ほぼ毎回女子は私だけです)

いろんな人が来ます。農家の人、サラリーマン、ボクシングを昔やっていた、学生、整体師(私です)、自衛官などなど。

血気盛んで「勝つ!」「倒す!」という人はいません。おとなしい人が多いです。「護身」であり、「専守防衛」型だからかな?宛が外れた人は居なくなります。

合気道では大会は開けません。優勝者が出ないからです。だって技は全て

「相手が何かしてきたら、その力を相手に返してお引き取り願う」

もの。だから、1対1で戦うとしてもどちらも技を仕掛けられないのです。仕掛ける技がひとつもありませんから。なので勝者を決める大会は開けません。せいぜい演武会ですね。

さて、そんな合気道でどんな稽古をするかといいますと、まずは「姿勢」のチェック。

姿勢が悪いと相手が突っかかってきたときその勢いを返せません。体制が崩れて技が技にならないからです。

なので、毎回準備体操(まえはワンネスリズム体操というのもあったのですが、「ちょっと合気道の稽古でやるには肩透かしというか見学者が残念に思うんじゃないか」という懸念から消えました。あれちょっと良かったのにな…)のあとは、毎回

立ち姿の統一
正座の統一
あぐらの統一
呼吸法   ・・・云々

など、どれか一つ以上行うので、まあ道場によって違いはあるかもしれませんが、私が行く金谷の道場では30分~50分位かけてみんな姿勢を直されます。

いい加減すぐにいい姿勢になれればいいのに、だいたい直されます。

有段者も直されます。

それだけ、普段あまり気をつけていない・・・ごにょごにょ。


押されても ふらつかない。

上から押さえつけられても 崩れない。

前から抑えられていても 歩ける。

後ろから押されても 倒れない。


そんな姿勢は、体に緊張が残っていると作れません。

腑抜けててもダメです。

手は あるべき場所に。

肩は リラックスして。

脚は いつでもすっと進める位置に。

足の指先まで しっかり重さを感じて。

目線は 視野を広く。

頭は 首は 前に出ない、下げない。


腕を動かす範囲についてを例に上げると、

目を閉じて 腕をすっと上げて 重みは下 そのままゆったり広げてブレーキがかかったところで止めて。

そのまま目を開けて 真っ直ぐ向いたまま 視界に収まる範囲に腕があるのが分かりますか?

腕は肩の線より下にないと 重みが上にかかるので 肩が緊張してきます。 

力が入った状態では 体が浮きやすいので 相手に負けてしまいます。

腕の重みは 重力に従って 小指の線側に置くように。

腕を 視界に収まった状態から さらに左右へ広げてみてください。

視界から腕が消えた途端 肩に力が入るのが分かりますか?

相手に何をされるか見えない位置に腕があるということは、そこに技を受けやすい、返せないので自分がやられることになります。

・・・な~んて説明についていかないといけません。

身体感覚が鈍い人は何がなんだかさっぱりです。始めたばかりの高校生とか、よく首をひねったり「わかる?」「わかりません!」の応酬でなかなか先に進めなかったりします。

「いい姿勢は、何者にも揺るがない強い姿勢です」
これは稽古で言われる言葉。

それを習うわけですが、なかなかわからない人は

なぜそこがいい位置なのか。

なぜそう動くといいのか。

ということを、頭で考えてしまう。
頭でっかちであまり体を動かしてこなかった人が体の動きを理解するには、感覚とニュアンスで伝えられる言葉は曖昧で「わかりづらい」。考えるな、感じろ!の世界ですから。

その「なぜ」に機能解剖学で習ったことがマッチする。

合気道が肉付けされて、厚みをましてまいりました。

でも昔の日本人は、私たちの祖先は、そんなこと三つ子の魂百まで!言われなくても知っている・知らないけど知っていたんでしょうなぁ。

まったく、どこに捨ててきたんでしょうか?

探すところから始めないといけないから拾うのも一苦労です。

そんなことに気づきながら、でもそんなのとっくに気づいていた人が沢山いるんだろうな~。

・・・と思っていたら、やっぱりというか何というか。武術研究家の甲野善紀氏とアレクサンダーテクニークとの共通性を指摘しているブログをいくつか見つけました。

ということで、Wikiより比較。アレクさんと甲野さん。

●アレクサンダー・テクニーク(Alexander Technique)とは、心身(すなわち自己)の不必要な自動的な反応に気づき、それをやめていくことを学習する方法。・・・

●古武術的な発想では、筋力をつけるのではなく、「もともとあったのに気づかなかったチカラ」を有効活用することをめざします。・・・


ついでにフェルデンさんも。Wikiより

●動きに伴う感覚に注意を向けることで、動きの質を改善することを目的とする。・・・

切り口が違うだけで、目指す所は同じように思えるのは私だけ?

体のことを知るほど、昔に帰っていきますね。

某ブランドのイージートー○も、木で作ればのめり下駄だよなぁ と思った瞬間、最先端技術が江戸時代にタイムスリップ!とか一人でうひょひょと笑ったんですけど、そんな感じ。ってそんなこと言ったら怒られるかしら?

img64529765.jpgスポーツシューズ (こんなの載せたら怒られr・・・)

img62763833.jpgのめり下駄
着物の下はみんな美脚だったんじゃなかろうか?そんなわけでのめり下駄愛用中。いい!


おぎゃあと生まれて誰に教わるでもなく立ち上がる、生まれ持った体の中に備わっている身体感覚にもう一度戻って、余分で無駄でむしろ悪い体の動きをもう捨てましょう。そうすれば自然と強くしなやかな動きが身につきます。

えー、そういうことをー、皆さんにー伝えていけるようにー、頑張る所存でございますー!

小さい頃から合気道やってた師範の子供たちは、普通にしてても自然体で無駄がない感じで強そう。羨ましい・・・。


************************
骨まで元気!細胞から活性化していつまでも若々しく
  からだ工房ぽっぽさん

藤枝市瀬戸新屋287-2
080-5112-8283
popposan8283@ezweb.ne.jp
open 9:00~20:00
close HPぽっぽさんの予定表にてご確認ください
http://popposan.com/
************************
スポンサーサイト

柔よく剛を制す

2011.09.13 17:01|合気道
体が硬い・・・柔らかくなりたい!

そう思ったとき、あなたはまず何をしますか?


小さいときに比べて体が硬くなった、と言えば「全然柔らかいじゃない!」と怒られることのあったぽっぽさんですこんばんは。

あ、でも最近はストレッチなどで柔らかさを保つ努力を細々としております。


「体を柔らかくしようと、ストレッチなどをする時、何を考えていますか?」

そんな質問が、合気道で準備運動をしているときに投げかけられました。

えー・・・特に何も?「あいたた」とか、「もう少し、もう少し」とか・・・擬音?本当にすいません・・・。

「体を柔らかくしようと思ったとき、心も柔らかくするとより早く成果が出てきますよ」

「心を柔らかく」・・・!いい言葉、頂きました。

でもこれって、どういう状態なんだろう。

ー何事も否定せず、まずは受け入れる。
体を柔らかくしようと思ったら、「出来ない」「ダメ」「無理」と思うと続かない。

「出来るかもしれない」「もうちょっと頑張ろう」「一ヵ月後には柔らかくなってるぞ~」「今日はこのくらいでいいか」と、焦らない、無理をしない、でも前向きに続けること。

続けることを辛いと思わない、柔らかい気持ちを持ち続ける。そう思いました。まあ人によって考え方が変わりそうなフレーズですね。


「若い高校生が、50、60才の人たちと同じ動き(硬さ)というのは、ビックリですね~。もうちょっと柔軟であっても良さそうだと思うんですが」

その日。今年入った高校生が3人たまたま揃っており、3人とも足が開かない、背中が曲がっている、覇気がな・・・少ない、とどうも若々しさに欠けていたことから、師範がつい口に出していました。

「背中が曲がらないようにするためには、まず仙骨を立ててください。仙骨ってわかるかな?」
「???」
「・・・」
反応も薄いので、解っているのかいないのか解らない。

かと思えば、木刀を使った型の稽古の時に
「これを真剣だと思って、置く時に刃先が自分の方に向かないように」
とか、
「座る時左側に置くのは、敵が現れた際左手で鞘を持ち右手で剣を抜いてすばやく対応するためで・・・」
とかの注意事項や理由を説明されている時には

「でもこれ木刀だから切れないですよ」
とか
「え、でも今そんなことないじゃないですか(刀を持たないという意味で)」
とかの素朴な反論をさらっと言う。
師範苦笑い。

そこは様式美とか伝統とか色々有るんだから、へーっと感心して聞いてればいいんだよ!とちょっと思いました。

こういうところに心の柔らかさって表れますね。(あれ?ちょっとちがう?)
彼らが体を柔らかくしていくのと同時に、心も柔らかくしていってくれるといいのですが。今後の見所でしょうか。

姿勢も徐々に良くなってきている(気がする)ので、稽古でどの位変化していくのかも見所です。がんばれ高校生!

でもまずは自分のこと。
昇級審査も厳しくなっていくので、9月末は無理でも3月・・・だったかな、その時には昇級審査を受けられるように上達しなければ。

しかしこの「心を柔らかく」と言う言葉を逆に使うと、
体が硬い人は、心も硬い」になってしまいます。ストレスが圧し掛かりそうですねこれはいけない。

みんな、柔軟やりましょう、柔軟!

******************
理楽整体ぽっぽさん 080-5112-8283
HP:http://popposan.com/
Mail:popposan8283@ezweb.ne.jp
open日~木:10:00~20:00
   金・土:9:00~18:00
藤枝市駅前1-5-2 オクトヒルズ1F
******************




しもやけに注意。

2011.01.12 00:21|合気道
寒い。

冬寒いのはしょうがない。

強い冬型の気圧配置が続き、寒さが厳しさを増している。

ー道場に暖房設備はない。あるのは己のみ。エネルギーを消費して体をぽかぽかにしたくなる。

靴下なしで一時間も居ると、立っているだけで足がかじかむ。多少動いただけでは改善されないほど。

最初は木刀にて素振りの稽古。声を出して、腕を振るうがなんにしろ足が寒さで痛い。

そのあとは基本の型の稽古。これでやっと少しあったまる。しかし、正月にだらだらぬくぬく何もせずにいたつけか、体があまり動かない。筋肉が少し落ちたようだ。

甘やかした体に活が入る。それでも、猛吹雪に見舞われた地方の人に比べればまだ甘いのかもしれない。だが、自分にはこれが限界ですすいません。

足の指にしもやけが出来るんじゃなかろうか。ふと、そう思った。


ーしもやけー
原因は、寒さによる血行障害。気温が5℃以下で、その日の最高気温と最低気温差が大きい程「しもやけ」が起こりやすいと云われる。

大人のしもやけは、足や指全体が腫れたように膨らむ傾向があり、付随して痛みやかゆみが生じやすい。

大人になるとしもやけになる人が少ないのは、自己防衛能力の賜物だが、それでもたまにしもやけになったという人がいるとなんだか不思議な気がした。血行障害が原因なので、冷え性の人は特に気をつけて欲しい。ひどくなると凍傷になる場合も有るのでたかがしもやけと言っていては泣きを見る。炎症を起こしているのだから。

しもやけになってしまったら、40℃くらいのお湯にひたし、血行をよくする。力を入れてマッサージすると毛細血管が傷つくのでゆっくりとさすってあげるくらいでよい。

ビタミンEを積極的にとるといい。一番いいのはアボガドで、ほかにもナッツ類や緑黄色野菜、マーガリンやマヨネーズのような油を使ったもでもいい。

むくみやすかったり、冷え性の人は寒いからとうずくまって動かないと、ふとした時にしもやけになっていたりしませんか?毛細血管を強化するためにも血行を良くして予防するためにも多少の運動は必要です。

・・・寒い寒いいっている私がもっと動かなきゃですね!

基礎体温を上げ、新陳代謝も活発にして、毛細血管のすみずみまで栄養がいきわたるように体を整えていきましょう。

和メンタルトレーニング

2010.12.11 17:41|合気道
12月6日刊の東京新聞の一面に、私が行っている合気道の会長のインタビューが載っているというのでコピーを見せてもらった。

今年、何度か米大リーグのドジャースへ指導に行っているとは聞いていたが、その時の様子が記事になっていた。

元々気持ちの落ち着かせかた、姿勢の正しさの重要性には自然と気付いていた選手達は飲み込みも早く、当初危惧していた気の説明も、すんなり飲み込んだそうだ。

一流は違いますね。

『大事な場面で実力を発揮できるかどうかは、心をいかに静めるかにかかっている。実力があっても力んで緊張すれば結果が出ないことも多い。日頃の訓練が大事。』

と籐平会長。


合気道に興味のあるかたは、姿勢の正し方や気の落ち着かせ方、呼吸法位はできますので、こっそり声をかけて下さい。

段が取れたら指導も出来ますが、まだまだ先の話ですから…。

心身統一合気道発表会in金谷11/28

2010.11.30 22:34|合気道
金谷でT-1グランプリが開催された同じ日に、合気道の発表会がありました。

いままで都合が悪く参加していなかったので初参加です。

まあ、ほぼ子供クラスで頑張っているお子さん達のための発表会だったわけですが・・・。

発表会用の技の稽古にも事前に取り組み、見学者の前で披露したりするのは、また違った緊張感ですね。

そんな発表会の中に、「気の活用法」というコーナーがありまして。

県内の各教室の生徒さんたちで、合気道で習った呼吸法とか、気に関する考え方とかをどう実生活に生かしていくのか、というのを芝居形式で見せるんですねー。

各教室10分で。

私も参加しました…色っぽい女将さん役でした。無理ー!

そして発表会前の稽古後の練習時に、「着物だよ」と・・・。

なんて無茶振り。

着付けしたこと無いど素人が、前日に3回練習しただけで、当日無理やり着ましたよ!帯がもうどうなっているのかさっぱりでしたが、とりあえずみっともなく外れることも無く・・・せりふもほぼアドリブだし、笑いもとりましたよ!妙な達成感がありました~。

師範たちの演武はさすがでしたね。決めるところは決める!

メリハリの利いた発表会と相成りました。

幼稚園児がしっかり正座して「おねがいします」と言っているのを見ただけで、おばさん拍手したくなっちゃいました。親御さんたちはもっと嬉しかっただろうな。

後半は老若男女問わず、机並べての懇親会。手作り感あふれる、素朴な感じにほっとします。ビンゴの景品は「各家でもう使わなくなったもの、いらないけど使えそうなもの」。ビデオは残ってたな~もうみんなDVDだからね。私は木刀が欲しかったんですが、先にとられてしまいました。しょうがないので短刀(木製)でいいにしましたよ。

もう12月になりますね。街が華やかになり、外食も増える時期です。まあこのくらい・・・と自分に甘くなりがちですが、健康管理には十分気をつけましょうね。
| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ぽっぽさん

Author:ぽっぽさん
生息地:静岡県焼津市周辺
趣 味:合気道 NOSS 読書
場 所:からだ工房ぽっぽさん
    http://popposan.com/
    藤枝市瀬戸新屋287-2
Tel:080-5112-8283(要予約)
お問い合わせ:
popposan8283@ezweb.ne.jp

学習帖

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。